奈良の防水工事なら大和防水工業へ

会社概要 アクセス プライバシーポリシー
ホーム 業務案内 施工の流れ スタッフ紹介 ブログ よくある質問
 
業務案内
 

アスファルト防水

 
 

 ゴムアスファルト粘着層をコーティングした改質アスファルトシートを2層(下貼り 上貼り)貼り重ね積層していく防水工法です。

 下地に対して軟接着の状態となるので下地亀裂追従性に優れます。また、この工法は勾配屋根の下葦材や地下外壁防水などでも広く使用されています。

 従来のアスファルト工法での大きな問題であった臭いや煙などの環境への悪影響が改善されました。大掛かりな施行機器を必要としないため、密集地域や挟小箇所での施行また他の防水工法と組み合わせ、幅広い改修工事などで、活用されています。

 

・断熱材を併用し、外断熱効果で屋内の温度上昇をおさえられる。
・既存の防水層を再利用でき、撤去費用をコストダウン出来る。
・高反射塗料を塗布すれば、防水層の寿命を延ばすことが出来る。

 
 

施工前

施工後

       
 

       
 

 
 
 
 
 
「溶融釜を使わない本格的なアスファルト防水」
溶融アスファルトを使用した熱工法と同等の水密性を保ちながら、従来の大掛りな施工器具を必要としないため、アスファルト臭を出したくない密集地での施工に適しています。
 
 
 
 
 

シート防水

塩ビニールシート防水密着工法

 
塩化ビニル樹脂に補強繊維を積層して成型した塩ビニールシートと下地を専用接着剤(ボンド)により密着させる防水工法です。
塩ビニールシートの特徴としては、シート相互の積なり部分(ラップジョイント)を溶剤・熱溶着によって溶融一体化できる。

・単層防水のため工期が短い
・意匠性に優れる
・軽歩行ができる
・大掛かりな施工器具を必要としない

工期の短い建物や住宅・バルコニーで多く採用される。
 

 
 

塩ビニールシート防水機械的固定工法

 
塩化ビニール樹脂に補助繊維を積層して成型した塩ビニールシートと下地に固定した丸型塩ビニール鋼板とを接着する防水工法です。鋼板と接着していない部分は下地とは接着していません(浮かし貼り状態)。

・ 改修工事の際に下地の撤去補修費を軽減できる
・ 外断熱仕様が可能
・ 下地に鋼板を固定する際にビスを打ち込むので
  振動と騒音が発する

工期が短い建物や改修工事に適した工法です。
 

 
 

ゴムシート工法

 
耐久性に優れた成分を持ったゴムシートと気密性に優れた成分をもったシール材を組み合わせ、専用接着剤を用いて下地に貼り付ける防水工法です。

・ シート相互間(ラップジョイント)は接着剤と
  粘着テープ・ユーキング剤によるのでアスファ
  ルト防水や塩ビニールシートのように溶融一体
  化しない。
 

 
 
 

塗膜防水

ウレタン系塗膜防水

 
2液性で主剤と硬化剤を現場にて混合し、下地に塗布して施行する防水工法です。反応硬化により防水層としての役割をはたします。施行時は液状のため下地の形状に左右されることなく屋上などの狭小箇所にも適します。また、補強マット・クロスを積層することにより下地からの湿気による防水層のフクレや下地の挙動による断裂を防止することができます。現在、メーカーからは環境に配慮されたトルエン・キシレンといったゲキブツを含まない環境対応型ウレタン塗膜防水材が推進され採用しています。

・ 硬化するまで液状なので狭小箇所への
  施工性が高い
・ 下地への接着強度が高いため端部を
  金物アニグルなどで固定せずに納めることが
  できる。
 


※防水層の上から色を塗ります。
各防水工法共通         

 
 

ERP系塗膜防水

ガラス繊維マットを敷き込んだ上に、不飽和ポリエステル樹脂を塗布し反応硬化させ防水層を形成する防水工法です。
耐水性・耐薬品性・耐摩耗性に優れるため、バルコニーや厨房床で採用されます。

・ 塗膜厚が確保され、耐荷重性・耐衝撃性に優れ、強靭な防水層が形成出来る。

 
 

ポリマーセメント系塗膜防水

 
ポリマー樹脂と浸透性防水材・セメント系防水材を主成分とする既調合粉体で構成され、これらの防水材を混合し、塗布することにより、強く耐久性のある防水層を形成する防水工法です。

・環境・人体にやさしい水系防水材なので湿潤面施行が可能。
・優れた浸透性と接着力で施行箇所を選ばず段差・狭小現場ですので施 工が容易。池・水槽・エレベーターピット・地下外壁に適している。
 

 
 

 
ゴム系アスファルトを主原料とした塗膜防水材で、躯体へ塗布し、乾燥硬化させ防水層を形成する防水工法です。
モルタル・コンクリートに強力に接着し、ゴム系なので優れた伸縮性があります。

・優れた伸縮性により挙動が多い地下部分施工に適用。
・ 無溶剤かつ火気を使用せずに常温施工出来るので環境にやさしい。
 

 
 

施工前

施工後

 
 
 

吹き付け塗装工事

 
 
弾性アクリル塗装
 
建物の第一印象を決める外壁。
ここはきれいな状態をキープしておきたいですよね。
きれいな仕上がり、コストパフォーマンスは当然頑張ります。また、それだけでなく当社では防水業者からの目線を活かし、プラスαをもっとうにお客様が満足出来る内容をご提案します。
一般住宅からマンション・ビル、店舗までの内・外壁の下地補修(ヒビ割れ・欠損・一部の左官モルタル補修)から塗装の塗り替え、下地補修は最も重要な工程です。また、それに伴う各部位(格子・シャッター・鉄部・手すり・フェンス・塩ビパイプ・樋)の修繕および色の塗り替えも行います。
適材適所で塗料の種類を選び、塗装いたします。
また、塀・門への飾壁も幅広いパターン柄をご提供。
お好みの柄をお選び下さい。
 



 
 
 
・ 防水業者だから出来ること。
・ 防水業者だから気付くところ。
・ 防水業者だから“それ”やっときます。
 
 

塗装専門の業者さんだとこれらを別の業者さん・防水屋さんを手配し、余分なコストがかかってしまうことが多いです。当店では防水業者としての経験をフルに活かして、塗り仕上げの質はもちろん、下地作り段階での内容をより深く質を高め、より建物の寿命を延ばすため努力していきます。

 
 

施工前

施工後

       
 

       
 

 

浸透性吸水防水材

 

磁器タイル面のモルタル目地部は酸性雨・炭酸ガス等によって日々劣化が進んでいきます。また劣化によるヒビ割れやコケ・カビなどの汚れは建物の美観を損ないます。
  それを防ぐのが浸透性吸水防水材(水系)です。タイル目地・コンクリート部など吸水性のある素材に塗布・浸透させることにより、吸水を防ぎ、劣化・汚れが建物を守ります。水系ですので塗料自体に危険性はなく、臭気が穏やかです。

 
 

塗布前

施工面を洗浄し、コケ・カビなど異物、汚れを除去します。
施工面を十分に乾燥させてから本品を塗布します。

   

塗布後1日

水をかけても、磁気タイル面上、モルタル目地部いずれも撥水が見られません。
アレスアクアタイルガードに含まれる親水性物質が水を受け止めるため、水をはじきません。(濡れ色になります。)

   

塗布後2~10日

水をかけれらると磁気タイル面上で撥水が見られますが、モルタル目地部ではまだ撥水が見られません。磁気タイル面は浸透量が少ないため、撥水が早く発現します。
モルタル目地部は浸透量が多いため、撥水が現れるまで数日を要します。

   

塗布後10〜30日

水をかけるとモルタル目地部も濡れ色にならず、
撥水が見られる様になります。この段階で吸水防止保護層が、モルタル目地内部に形成されます。

   
 
 
 
建物の美観ツートップの屋根と外壁
「外壁」は目につく所だからやる」とか「屋根はまた次で…」という声をよく聞きますが、美観面・防水面から考えるとどちらも出来れば同時期に工事した方がコストも抑えられ建物にとっても安全です。
最近、多く施工されているカラーベストも寿命があり、定期的に塗り替えをされることをおすすめします。
 

 
 

施工前

施工後

       
 

 
 

一般住宅工事

屋根に関しては、塗装だけでなく専門スタッフによる修繕・補修工事もお任せ下さい!! 西洋瓦・カラーベスト・アスファルトシングル各種屋根の葺き替えもご相談下さい。瓦屋根にいたっては、しっくいの塗り替え・シーリング材によるズレ止めも御提案させていただきます。

 
 

シーリング工事

 
補装された道路や駐車場にラインやマークをペイントします。ラインの大きさや種類、カラーバリエーションもお好みのものを選んでいただけます。また、道路面標識・矢印などの文字もペイント可能です。丈夫ではがれにくい塗料を使用します。      
 
 
外壁やバルコニーなどのちょっとした亀裂・隙間や穴も放置しておくと大変な雨漏りの原因となります。そうなる前にシーリング材によってその箇所をうめ、水の侵入を防ぎます。一般住宅では、サイディング壁目地のシーリング打ち替え、マンション・施設では、ガラスサッシまわりの打ち替えなどが主な漏水箇所になります。また、箇所によっては止水・注入といった方法もご提案させていただきます。
左官によるモルタル補修も致します。
 
 
 
 

環境工事

太陽光発電システム(プルーフソーラーシステム)Proof solar system

厚さ1.5〜0.2mmの防水シートと1.0mmのフィルム型アモルファスシリコン太陽電池を一体化。総重量なんと約4kg/㎡。建物への荷重負荷が少なく大面積化に対応できます。塩ビシートと一帯かしており側面への取り付けも可能です。薄いフィルム状で専用のかだいを必要としないため屋根や外壁への曲面設置など、取り付けが容易です。薄く・軽く・曲がる太陽光発電システムなので、シート防水施工が可能な場面ならどこでも採用可能。アモルファス太陽電池は高温化でも発電効率低下が少なく、高所での設置に適しています。

 

 

屋上緑化

『屋上』というものを単に建物の一部として終わらせるのではもったいない!!その空間に緑を加えることで『屋上』は想像以上の生活空間に変貌します。毎日のように耳にすることになったCO2の削減といった環境への効果から人体に与える癒しの効果、社会に与える影響、その可能性は無限大です。

 

デザインフィルム

外壁・ガラス・床面といった普段必ず目にするような箇所に用途に合ったオリジナルデザインフィルムを貼り付け、なにげなく見ていた空間をオリジナル性にあふれた独創的なものにできます。また、ガラス面にいたっては外部からの視線や光量をコントロールしながらビジュアルを向上させることもできます。

 

廊下バルコニー防水

マンション・ビルなどの共用廊下や階段。日々利用されるがあまり意識されない部分ですが、建物全体から考えるとその防水性、機能性は重要な役割を果たしています。また、建物の美観のことを考えても、よりよい生活空間を作るため見過ごすことはできません。専用シート・エポキシ系防水材を使用し、防水性・機能性・美観、すべてにおいて高品質の生活空間をご提供します。さらに今注目なのが、屋上面にヘリサインや広告、QRコードまでをデザインフィルムによりプリント。屋上空間の有効活用には、防水業社が不可欠な時代がやってきました!!



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スタッフ紹介
奈良の防水工事なら大和防水工業へ
 



HOME業務案内施工の流れスタッフ紹介よくある質問アクセスお問合せプライバシーポリシーリンク



COPYRIGHT 2011, 株式会社大和防水工業 All Rights Reserved.